流行りの倖田來未なカラコン|安全に使うために

カラコンを安全に使うために

安全なカラーコンタクトレンズを使いたい

流行の「デカ目」など華やかな雰囲気の瞳を実現するカラーコンタクトレンズ(カラコン)が若い女性の間で普及してきています。 さまざまな瞳の色やサイズ、模様を表現できるのが度なしのカラコンです。 これらはドラッグストアや通販などで手軽に安価で購入できるのですが、安全性に問題にがある製品もあります。 コンタクトレンズのデザインのために使われる着色料が染みだして目を傷つける粗悪品もあるのです。 粗悪品の見分け方に、レンズを綿棒でこすってみるという方法があります。 綿棒にエタノールを付けてこすってみて、綿棒に色が着くようならそれは危険な製品です。 ちなみに、綿棒やエタノールでこすったレンズは破損の可能性があり危険なので廃棄してください。

度なしカラコン

カラコンには、近視や遠視といった、視力が良くない方が使用する「度あり」のものと、元の視力が良い方が使用する「度なし」のレンズがあります。 度なしのカラコンの場合、よく「度が入っていないのだから、誰が何をつけても同じ」と思っている方が多いようですが、それは違います。 コンタクトレンズには、矯正視力の他に、ベースカーブやサイズなどがあります。これが合っていないと、レンズが外れやすくなったり、かゆくなったり、痛くなってしまいます。 ですので、たとえ度なしのレンズでも、購入する前にまずは眼科へ行き、自分の目に合った物を購入するようにしましょう。

使用する際は眼科で診察して処方してもらいましょう

若い女子の間でカラコンが流行っています。 芸能人が使用していることから一般にも広まっていきました。 普段から近視でコンタクトレンズを使っている人は、それがカラーになるだけで使いかたは変わりませんが、近視でも普段からコンタクトレンズを使用したことがない人や視力が良くて、度なしのカラコンを初めて使おうとしている人は注意が必要です。 コンタクトレンズには正しい使いかたや、保存の仕方があります。 目の中に入れるものなので、個人によってはどのような反応があるかわからないし、汚れたものを使ったりして正しく使わなければ、 目の病気にかかることもあります。 だから事前に眼科に行って、正しい順序で処方をしてもらうことが望ましいです。"