流行りの倖田來未なカラコン|セミキャストモールド製法

セミキャストモールド製法

サンドイッチ製法と新製法の違い

カラーコンタクトレンズ(カラコン)の製造法の主流は2枚のレンズの間に色素を挟み込んで作るサンドイッチ製法です。色素が目に触れない分、安全性は高いですが、レンズが厚く、固いというデメリットがあります。 そこで、最近、カラコンの製法として注目されているのが、セミキャストモールド製法です。これは1枚の薄いレンズの素材部分にデザインを施し、レンズを特殊なポリマー素材でコーティングしたものです。薄くて着け心地がよいというメリットがあります。また、ポリマーでコーティングしているので色素が流出して目を刺激することはめったに起こりません。 セミキャストモールド製法と他の製法との違いは、安全性と快適さの両方のメリットを兼ね備えている点です。

メリットとデメリットは裏表

現在主流となっているカラコンのほとんどは、サンドイッチ製法とフルキャストモード製法という造り方で製造されており、どちらもカラコン内にある色素を流出させない作りになっています。 サンドイッチ製法は色素が決して溶け出すことのない念には念を入れた造りであるメリットはあるものの初心者には向かない厚さを持つというデメリットがあります。それに対し、フルキャストモールド製法はレンズの外側を着色した上から特殊な素材でコーティングされるセミキャストモールド製法をさらに進化させた作り方で、一枚のレンズに色素を閉じ込め色落ちをしにくくさせつつ酸素を通しやすい薄い素材で出来ているので初心者の人も安心して付けられるという万能ものの作りとなっています。

カラコンのセミキャストモールド製法の安全性について

相変わらず若い女性に高い人気を得ているカラコン。 お洒落を楽しむのはいいけれど、安全性を心配する方も少なくないことと思います。 そこで注目されている製法がセミキャストモールド製法というものです。 これは、着色された部分を覆うように特殊なポリマーを被せて製造していく方法ですので 着色面が直接目に触れることがなく、安全といわれます。 ポリマーを覆う分、レンズの厚みが増すのではという心配も挙げられますが、 薄いレンズを作ることができるため、目に酸素を取り入れていくこともできるようです。 瞳に直接触れるカラコンだからこそ、安心できる製品を取り入れていきたいですね。

安全性の高い色付きコンタクトレンズの製法

カラコンの製法は幾つかあります。その中のセミキャストモールド製法は、レンズの外側を着色料で染めたりデザインを施した後に、その上から特殊なポリマー素材でコーティングする製法です。この製法で作られたカラコンは着色料が直接目に触れる危険も無く、薄く、付け心地が良く、目に優しい特徴があります。特殊ポリマーでコーティングしてあるので、危険とされる着色料の染みだしも滅多に起こらず、安全性と快適さの両方のメリットを備えた製法と言えます。ただしどの製品にも不良品混入の恐れはありますので、信用のおけるメーカーの製品を選ぶ必要があります。